スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安宿予約の基本技術

海外の安宿は基本的に予約しませんが、予約せざるをえないことがあります。事前予約する「安宿」は、先進国ならば20-50ドル、途上国ならば10-25ドルくらいを想定しています。安宿に泊まる方法や格安航空券の買い方は別記しました。

1. 事前予約するか、現地で飛び込むか?

途上国では、宿泊先を予約せず、安宿街に直行して、複数の部屋を比較しながら価格交渉するのが、バックパッカーの基本です。しかし、以下の場合は事前予約を選ぶことがあります。
①先進国の多くには安宿街がなく、宿が街中に散らばっていたりします。
②有名ホテルや人気のYMCA・ユースホステルは、予約なしには泊まれないこともあります。
③夜中到着・早朝出発の乗継時や、治安に不安のある都市の場合も、事前に宿泊先を確保した方が安心です。

2. ガイドブック掲載の安宿に国際電話する

安宿を探す最良の手段は、今でもなお、旅行ガイドブックです。ネット検索では、20ドル以下の安宿はヒットしません。掲載料に見合わないのでしょう。『地球の歩き方』よりもLonely Planetの方が情報量と客観性の点で信頼できますが、有名な安宿は両者で重複します。旧版のLonely PlanetならGoogle Booksでも読めます。中小ホテルは、電話で予約するのが確実です。Emailを持っていないところも多く、メールしても返事が来ない可能性があります。また、ガイドブックに掲載される安宿は、ごく一部に過ぎません。厳選されているわけではなく、最善の選択肢でもありません。

3. YMCA/YWCAやユースホステルを使う

YMCA/YWCAやユースホステルは、安宿街がない先進国にも存在します。ガイドブックに掲載されていないこともありますが、世界どこでも一定水準の施設とサービスが保証されているという信頼があります。

YMCAYWCAは、世界中の施設をインターネットで検索できます。地域のキリスト教・文化・スポーツ活動を担う場合、教室やスポーツジム、プールなど恵まれた施設を持つこともあります。アメリカの治安の悪い都市では、低価格だけで宿を選んではいけませんし、逆にアフリカでは、宿泊施設が恵まれていない割に価格が高く、YMCA/YWCAの費用対効果が際立つこともあります。YMCAニューヨーク/ナイロビのセキュリティ、YMCAホノルル/ナイロビのプール、YMCAナイロビ/キトウェのネットカフェ、YMCAボストンのコインランドリー、YWCA香港のコストパフォーマンスなど、個人的にも良い印象があります。ただし、シングルルームでもシャワー共同が原則です。

ユースホステルも、世界中の施設をインターネットで検索できます。共同生活さえ苦にならなければ、清潔・便利で情報交換も楽しめます。1部屋4-8人のドミトリー形式が多いですが、パリ・カルチェラタンのように、ミニホテル同様にシングルルームやダブルルームを持つところも少なくありません。昼間の掃除時間には部屋を追い出され、連泊時の荷物はロッカーに仕舞わされるところが多いようです。チュニスYH(チュニジア)はメディナ(旧市街)内の旧建築で快適でしたが、海口バナナYH(中国)は施設・サービスも価格・立地も地元相場以下だと感じました。

4. インターネットで予約する

中高級ホテルでは、電話予約や窓口訪問の前に、インターネットで割引料金を探すことが先決です。大型ホテルや空港(近くの)ホテルの場合、ネットの方が安いことがあります。ホテル予約サイトはbooking.comagoda等が有名ですが、TripAdvisorでは主要サービスを網羅できます。

長所
①利用者レビューが便利。
②正規料金の半額になったりする。
③無線LANの有無など、必要条件で検索できる。
④ガイドブック非掲載の都市・ホテルもヒットする。

短所
①ホテルに偏りがある。星なしホテル・ゲストハウス・ドミトリーの大半は対象外。
②レビューの信頼性は50%程度。バカンス客・出張族の主観が多い。
③予約サイト割当分で満室でも、ホテルには空室が残っていることもある。
④ホテルが独自HPを持つ場合、そちらの方が安いことがある。



5. さらに宿泊費を安くする

5-1. 宿泊先がたくさんある都市・季節ならば、事前予約は1泊だけにして、2泊目は現地到着後に考えます。ガイドブックやネットで事前予約できるのは、ごく一部の中級以上の観光ホテルに過ぎません。とくに安宿の場合、ガイドブックに載っていないことが多く、掲載の有無は品質保証としてさほど重要でありません。始めから連泊を決めない方が、より安く環境の良いホテルに柔軟に移動できます。

5-2. ドミトリー形式(大部屋)、シャワー・トイレ共用、シャワーのみ(風呂なし)、温水なし、ゲストハウス・民宿、裏路地などを選べば、安くできます。ドミトリーで良ければユースホステル、シャワー・トイレ共用で良ければYMCA/YWCAもあります。こうした安宿の多くは、現地で足で探すしかありません。

5-3.ガイドブックや予約サイトでユーザー評価が良いホテルがあった場合、そのホテルが独自サイトを持っていないか検索します。独自HPの方が、予約サイトより空室が多く、割引も大きいからです。

6. 多様な宿泊施設を使う

6-1. 海外ガイド(Lonely PlanetやLet's Goなど)や『地球の歩き方』では、ごく稀に非営利系ゲストハウスを紹介することがあります。私は、パリ市のCISP、インド・コルコタの救世軍、インドのオーロヴィルに泊まったことがあります。

6-2. 学生寮は、ガイドブックにはほとんど掲載されないので、ホテル同士の紹介や友人の伝を頼ったり、飛び込みで打診する必要があります。私自身は、パリ国際大学都市、LSE、ケンブリッジ大学トリニティカレッジ、プラハ音学校などに泊まったことがあります。

6-3. 長期ならば貸アパートや下宿なども選択肢です。私自身は、短期留学でグルノーブルにホームステイしたり、ラマダン(断食月)中のカサブランカでキッチン付アパートに泊まったり、エクサンプロヴァンスでCitadinesに泊まったことがあります。ダブルベッド、ソファ、デスク、テレビ、インターネット、キッチン・冷蔵庫・電子レンジ・食器、風呂、バルコニー、プール、無料コーヒー・紅茶付の別荘型マンションが、ネットの特別割引で1泊39ユーロ(4千円強)でした。

7.「やっていはいけない」こと

7-1. 予約は1泊だけで良いでしょう。よほど空室の少ないホテル・時期でない限り、現地でも延泊できます。そもそも、同じホテルで連泊すると決めつけない方が、より安く良い宿泊先に選択肢が広がります。

7-2. 中高級ホテルでは、パンフ等で表示される公式料金では、予約してはいけません。料金は空室率によって季節変動するからです。まずインターネットで割引料金を検索しましょう。競争率の高い安宿街の場合、窓口でも割引が効くことがあります。逆に、独占率の高い空港地域では、ネット予約なしでは高くなることもあります。

7-3. 旅行代理店でホテルを予約してはいけません(航空券・ホテル代込みの格安パックツアーをのぞく)。旅行代理店が日本から手配できるホテルは数が限られますし、インターネットでは半額近い割引料金が見つかったりします。

7-4. 途上国の安宿街ならば、予約は必要ないでしょう。現地で値段交渉する方が、安くて良いホテルに泊まれます。しかし、空港・駅前で英語で強引に勧誘してくるタクシー運転手や仲介業者に、言われるままに従ってはいけません。良いホテルを見つけられる確率は、自分の勘だけで手当たり次第に飛び込むのと変わらず、数割の仲介料を上乗せされるだけです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

tag : ホテル 予約 ユースホステル YMCA YWCA ドミトリー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。