スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モバイル読書 - mobile ebooks

ebook(電子書籍)が充実してきました。長時間の読書は紙の本でないと疲れるし、完読するほど愛着のある本なら手元に置きたいので、一般的には図書館や一般書店の方がお勧めです。しかし、自分の読解力を確かめながら洋書を読み漁ったり、海外留学中に日本の名著を入手するには電子書籍が便利です。また、漫画など、思いついたときに書店に足を運ばずに購入し、短時間に読み捨てる場合にも、ebookは適しています。さらに最近、大画面の携帯電話が登場したため、以前よりモバイル端末での読書が快適になってきました。iPhoneやWindows Mobile、Nokiaなど、グローバル展開するスマートフォンの方が便利ですが、i-mode, EZweb, Yahoo!ケータイでもebookを利用できます。
Amazon Kindel DXレビューProject Gutenbergで英書を読む発展途上の日本語電子書籍 - eBookJapaniPadなんかいらないGoogle Booksの衝撃は別記。

1. 電子図書館(無料)

1-1. Project Gutenberg (洋書)
・PCやスマートフォンなどで、版権切れの海外名著を無料でダウンロードして読める。
Mobipocket Readerなら挿絵なども読める。
・英語の古典的な小説ならば幅広く揃う。「Penguin Booksに匹敵する」と言うと言い過ぎだが、一度は読みたい名著が見つかる。
・英語だけでなく、独仏語など多言語の名著がある。複数の版もある。
・電子書籍だけでなく、読み上げ音声もダウンロードできる。
Many Booksで変換ファイルをダウンロードすれば、PSPやNOKIA携帯、Palmなどでも読める。テキストファイルやPDFファイルをダウンロードすれば、i-mode, EZweb, Yahoo!ケータイでも読めるはず。

1-2. 青空文庫 (和書)
・PCやスマートフォン、i-mode, EZweb, Yahoo!ケータイなどで、版権切れの和書を無料でダウンロードして読める。PSPやNintendo DSでも読める。
・日本の古典的な小説・名著ならば幅広く揃う。「岩波文庫に匹敵する」と言うと言い過ぎだが、一生のうちで読むべき本がたくさん見つかる。
・日本語だけでなく、海外文学の日本語訳もある。

1-3. Google Books (洋書・和書)
・PCで版権切れの洋書を無料で読める。
・洋書の名著だけでなく、数年前の新古書や和書もある。
・WEB上でブックリストを作れるが、ダウンロードや印刷はできない。調べ物には良いが読書には適さない。
・PCには適しているが、モバイル端末には向いていない。

1-4. 新聞・雑誌
・産経新聞は、iPhoneとWindows Mobileを使って無料で読める。iPhone限定だったが、Windows Mobileにも移植された。
・週刊東洋経済は、Docomo T-01Aを使って無料(期間限定)で、記事を読める。

1-5. 漫画
手塚治虫マガジンは、Windows Mobile, iPhone, Android携帯を使って無料(期間限定)で読める。
モーニングツーは、PCとiPhoneを使って無料(期間限定)で読める。同誌は講談社の実験的青年コミック。
・他にも電子コミックは色々ある。

2. 電子書店(有料購入)

2-1. Mobipocket (有料洋書、スマートフォン)
・PCやスマートフォンなら、Mobipocket Readerで挿絵も読める

2-2. Amazon Kindle (有料洋書、専用機とiPhoneのみ)
専用機KindleやiPhoneなら電子書籍を購入して読める。
・Amazonの一般書籍より安い。

2-3. eBook Japan (有料和書、PCとiPhoneのみ)
・電子書店の日本最大手。PCやiPhoneなら電子書籍を購入して読める。

2-4. ビットウェイブックス(有料和書、PCとスマートフォン・PDA)
・PCで電子書籍を購入し、スマートフォンやPalmなどにコピーして読める。テキストファイルやPDFファイルならば、携帯電話でも読めるはず。

2-5.Yahoo!コミック等、電子書店は他にも色々ある。

3. モバイルでebookを読む

3-1. スマートフォン
・Windows Mobile (EMobile, Willcomを含む), Blackberry, Nokia, Palmなど、海外でも普及するスマートフォンは、日本限定のi-mode, EZweb, Yahoo!ケータイより、洋書に強く、電子書籍を活用しやすい
・スマートフォンなら、Mobipocket Readerで、Gutenbergの無料洋書やMobipocketの有料洋書を読める。
・Windows Mobileなら、PocketSkyviewで青空文庫をダウンロードし、マンガミーヤで読む。
・Mobipocketやビットウェイブックスなどの電子書店を使える。

3-2. iPhone
電子書籍を活用するのにはiPhoneが現時点で一番便利
・Amazon Kindleの有料洋書、ebook Japanの有料和書、モーニングツーの有料コミックなど、電子書籍にはパソコンとiPhoneでのみ利用できるものが多い。
・Gutenbergの無料洋書はStanza、青空文庫の無料和書はi文庫で読める。
・産経新聞や週刊手塚治虫なども利用できる。

3-3. 携帯電話(i-mode, EZweb, Yahoo!ケータイ)
暇つぶし青空文庫いつでも携帯青空文庫ならば、携帯電話でも特別なソフトなしに無料で日本の名著を読める。携帯用の青空文庫は他にも複数ある。
・iアプリには、reateなど、フリ仮名を読みやすくしたebookリーダーもある。
電子書店パピレスのように、i-mode, EZweb, Yahoo!ケータイ, Willcom専用のebook書店もある。
・GutenbergやMany Books" target="_blank" title="Many Books">Many Booksで、テキストファイルやPDFファイルをダウンロードすれば、携帯電話でも海外名著を無料で読めるはず(試していないので、誰か教えて下さい)。もちろん、Gutenbergの読み上げ音声ファイルも聞けるはず。
ビットウェイブックス(有料和書、PCとスマートフォン・PDA)からPCで電子書籍を購入・ダウンロードし、テキストファイルかPDFファイルをコピーすれば、携帯電話でも読めるはず。

3-4.ゲーム機(Nintendo DS, PSP)
・Nintendo DSでも、NDSKybookYabo_NDSKybookで青空文庫を読める。
・PSPは、EjPSPReaderで青空文庫を読める。
Many Books" target="_blank" title="Many Books">Many BooksでPSP用ファイルをダウンロードすれば、PSPでGutenbergの無料洋書も読める。同サイトのテキストファイルをダウンロードすれば、Nintendo DSでも読めるはず(試していないので誰か教えて下さい)。

3-5. その他
・WillcomやPSPには専用電子書店がある。
・Amazon(米国)には専用機Kindleがある。
Sony eBook Library(米国)は、専用機Reader Daily Editionを発売した。

テーマ : 電子書籍
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。