スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅・留学・出張の持ち物 - 100円の旅行用品 - Travel goods for 100yen

百円均一品は、安価でシンプルなものが良い旅行用品にぴったりです。以下は「100円ショップで買える旅行便利品」の分類に準じて、私自身が大型ダイソーで見つけたトラベルグッズを追加したリストです。実際に購入したもののうち勧められるもの太字にします。最後に百円ショップで買ってはいけないものも追記します。なお、衣類ならUNIQLOや作業服屋、日常品はホームセンターにも掘り出し物があります。旅・留学の持ち物荷物作りのコツ不要なものリスト参照。


■旅行用品 : チケットホルダー、パスポートカバー、荷造り紐、アイマスク、耳栓、空気枕、トランクベルト、 ネームプレート。

■防犯関連: 南京錠、ダイヤル錠、ワイヤー、薄型ホイッスル。

■洗濯・入浴関連: 洗濯ネット、垢すりタオル、ソープ&プラケース、洗濯石鹸、洗濯バサミ。

■身嗜み関連: 詰替アルミボトル30ml、詰替プラボトル20ml、詰替クリームケース13g、詰替ガラスアトマイザー5ml、詰替チューブ、スポイト・ヘラ・ジョウゴ・セット、爪切り、クシ・ブラシ、水で流せるウェットティッシュ、シェービングクリーム、靴磨きスポンジ。

■日常小物: 裁縫セット、サンダル300円、スリッパ、折畳傘200円、マスク、扇子、針金ハンガー、ハンカチ、バンダナ、日本手ぬぐい、風呂敷。

■服飾関連: 下着、紙パンツ、五本指靴下、手袋、レインコート、帽子200-300円、帽子止めクリップ、保温シート。

■電化製品関連:  ライト、コンセント三個口タップ、Skype用イヤホンマイク500-600円、電卓、ドライヤー、ラジオ、単三電池の単一電池型ケース、電池。

■袋状のもの: マジックテープ式財布、長財布、カードケース・名刺入れ、小銭入れ、折畳バッグ、透明ポーチ、巾着袋、圧縮袋、チャック付ポリ袋、フレーム付衣類シャツケース300円、メッシュ衣類ケース

■健康関連: 蚊取り線香、吊り下げ式蚊取り線香皿200円、CDケース(蚊取り線香ケース用)、デンタルピック、歯ブラシキャップ、箸、ツールナイフ200-300円、プチ醤油入れ。

■文具・雑誌: 料理バサミ、折畳ハサミ、ダブルクリップ、ドライバーセット、ペンチ、タイ・ベトナム・ヘブライ・ギリシア・アラビア語会話CD、ファイル、英独伊西語会話CD、ブラジル・ポルトガル語会話CD、イヤホンマイク500-600円、ガムテープ、布テープ。

■レジャー関連: ツールナイフ(カトラリー付、ワインオープナー付)、カラビナ、缶切、ワインオープナー、ミニ防水スプレー、方位磁石、双眼鏡100-300円、折畳スポーツグラス、キャンディー、シール、ゴム風船、シャボン玉セット。

■買ってはいけない: 目覚まし時計、ダイヤル錠、南京錠、ツールナイフ、刃物、ドライバーセット、ライト、シャンプー・リンス、キーホルダー、電気用品。

100円旅行品を選ぶコツ


・百円ショップに注目! 旅行者・留学生は、渡航する前に一度行くと良いでしょう。2千円で20点が買えます。が、トラベル用品店では、似たようなものが1-2万円になるので、馬鹿らしくなります。店内ではアジア系外国人も良く見かけますが、それはアジア現地で買うよりも品揃えが豊富でお徳感があるからです。

1. バッグ・ポーチ・ケース
・コストパフォーマンスが一番高いのは「袋状のもの」、すなわちバッグ・ポーチ・ケース類です。財布を筆頭に、1000円以下には見えないものも百円で揃います。いつも使っているものを海外に持参するので良いですが、外貨専用の財布や旅行グッズ専用のポーチを作れると、外貨やレシート類を別保存できます。また、空港の保安検査では、液体物は100ml以下の容器に入れ、透明な袋に入れる必要がありますが、ダイソーには透明ポーチもあります。様々な売場に分散するケース類も、CDケースを蚊取り線香ケースに転用するなど、サイズさえ合えばいくらでも応用できます。

2. トラベルコーナー
・次に必見は、もちろんトラベルコーナーでしょう。ナイロン製巾着袋やメッシュ衣類ケースは、無印良品でも500円前後、東急ハンズ等では千円以上します。他で「トラベル用品」を購入する前に見ておかないと、悔しい思いをするでしょう。ダイソーの書籍コーナーに、「タイ語・ベトナム語・ヘブライ語・ギリシア語・アラビア語」の旅行会話集とそのCDがあったのには驚きました。あまりにマニアックなので、期間限定品かと思います。

3. 詰替ボトル
・第3に見るべきポイントは詰替ボトルです。前述した通り、液体の飛行機内持込は100mlが上限です。が、そもそも旅行ならば100ml以上の液体は必要ないし、ガラス瓶は重いので、すべて詰め替えるべきです。私は、風邪薬と正露丸を詰替アルミボトル30mlに、シャンプーやうがい薬を詰替プラボトル20mlに、かゆみ止めクリームを詰替クリームケース13gに、オードトワレを詰替ガラスアトマイザー5mlに、ゲル状洗濯洗剤を詰替チューブに入れます。その際、スポイト・ヘラ・ジョウゴのスポイトセットを使います。容器の腐食を考え、正露丸はアルミ、オードトワレはガラスを選び、化繊を溶かすという虫除けスプレーは詰め替えません。

4. 土産物
・第4にチェックすべきは土産物です。扇子、日本手ぬぐい、風呂敷は、自分で使い潰しても良いですが、土産物にもなります。私はチップ代わりにキャンディー袋を持参します。ある人の自宅を訪ねたとき、お孫さん用にシャボン玉セットを持参し、その場で凝ったシャボンを作ってみせたら、喜ばれました。

5. 買ってはいけない
・最後に買ってはいけないものです。機能・精度・耐久度を必要とするものは、百円ショップで買うべきではありません。

・目覚まし時計は、時間の誤差が大きく、不安のあまり使い物になりませんでした。メーカー品を使うべきです。ダイヤル錠は、ダイヤルが固まって動かなくなり、専門業者にお金を払って糸ノコギリで切断してもらいました。ブランド品を買うべきです。

・ライトは、電灯のない途上国の田舎で陽が暮れたとき、足元を照らしたり、対向車に存在をアピールするには光量が足らず、怖い思いをしました。以後、登山用品の3千円のヘッドライトを使っています。ビニール製のレインコートも、内側から汗で濡れてしまいそうで、手が伸びません。

・200-300円のツールナイフは、3千円以上のアーミーナイフと比べれば破格ですが、割り切る必要があるでしょう。複数機能をセットにしたマルチツールを100-300円で買ったりせず、ナイフ、ワインオープナー、缶切、プラスドライバー等、単機能のものを選ぶのが、百円グッズの賢い使い方だと思います。私自身は、切れないナイフでマンゴスティンの硬い殻を切ろうとして、指が滑って手を切ったことがあるので、刃物は値段では選びません。ナイフは登山ナイフで一番シンプルなオピネルNo.8にしています。

・耐久性が必要だったり、肌に直接つけるものも、百円品は不適当です。鞄につけたキーホルダーは、1回海外渡航しただけで、千切れて紛失しました。シャンプー・リンスは、自分の髪質に合ったものを選ぶべきだと思います。百円ショップで買うくらいなら、現地で買うことも可能です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

期間によって

検索で来た方にちょっとしたアドバイス。
旅行の期間、性別によって、必要な物は変わってくるでしょうが、私が役に立った物は、
三個パックの瞬間接着剤(緊急時の修理用、靴、水中マスク等役に立ってくれました)
ポンチョ(レインコートは内側に汗がたまりやすい、乾かさずに数回使うと異臭が…)
紙パンツ(移動を繰り返す短期旅行の時は、洗濯、乾燥手間が省ける)
チェーンロック(移動時にリュックのファスナーを開けられる心配が減る、バック自身を切られたら終わりですが…)

長期なら、ビタミン・ミネラル、分配付き延長ケーブル(ダイソー以外をおすすめ)、分配は現地で購入を(刺さらない時あり)、洗濯ロープ、ロック付き袋(大きめの物、小さい物は使い勝手が悪い)、電池式USB電源、USB延長(リール式)

因みに失敗した物も多いです。
蚊取線香(海外の蚊は強い)
洋服圧縮袋(物理的な力に弱い、穴がすぐ開きました)
和小物(お土産にいいかと思いましたが、あまり喜ばれない、人に依る?)

Re: 期間によって

コメントをありがとうございました。基本的に賛成です。微妙な差異のみ補足します。

>瞬間接着剤
>ポンチョ
>紙パンツ
>チェーンロック

チェーンロックは賛成です。工具類はアフリカでさえ現地調達で間に合います。また雨具は登山用ゴアテックスを愛用します。防寒用に就寝しても内側に汗がたまりにくく、南京虫対策にもなるからです。下着・シャツ・ズボンはUNIQLO等の化繊100%を使うと、前の晩に洗って翌朝には乾きます。

>ビタミン・ミネラル
>分配付き延長ケーブル
>洗濯ロープ
>ロック付き袋
>電池式USB電源
>USB延長(リール式)

私は薬品は現地調達主義です。サプリより現地の果物を食べます。コンタック・アスピリンなど、日本と同じ常備薬も入手できます。延長ケーブルは、パソコン電源ケーブルを分岐させるMaegalletを愛用します。ロック付袋は初耳です。カバンをロックするか、戸棚に入れて鍵付チェーンで縛ります。デジカメ等の電源はEneloop単3で統一しているので、電池式USB電源も分かりません。

>蚊取線香(海外の蚊は強い)
>洋服圧縮袋(物理的な力に弱い、穴がすぐ開きました)
>和小物(お土産にいいかと思いましたが、あまり喜ばれない、人に依る?)
蚊取線香については逆意見です。日本製はインドでもアフリカでも、目の前で蚊が落ちるのを何度も目撃しました。現地製より信頼できます。洋服圧縮袋は不要です。登山用の防水スタッフバッグの方が有用です。和小物ではないですが、私は百円ショップの飴やシールをチップ代わりに渡します。友人宅招待では折り紙は無難にウケます。
プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。