スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅・留学・出張の持ち物 - トラベル用品の選び方

■海外への持ち物は、渡航目的・渡航先・季節・期間に合わせて取捨選択すべきだ。たとえば上記リストは、世界一周や留学経験を元に、途上国や単独行に重点がある。出張やハネムーンならば、組合せも変わってくる。他方、危機管理用品だけは、たとえ出番が一度もなくても割愛すべきでない。綿入ジャケット/サバイバルシート(防寒)、折畳み傘/レインジャケット(防雨)、薬類(病気)、虫除けスプレー&蚊取り線香(防虫)、ヘッドライト(暗闇)、ダイヤル錠(防犯)、クレジットカード/海外旅行保険(事故)などだ。

■旅の持ち物は、盗難紛失を恐れず現地で捨てられるよう、安価でシンプルが一番だ。現地調達を原則に最大限減量するべきだ。旅慣れた人ほど荷物が小さい。穴の開いた服や捨てる直前の小物を持参して、現地で使い捨てる人もいる。小物や衣類は普段の使い古しで十分だし、それ以外も百円ショップや作業服屋でかなり揃う。さらに現地購入した方が安いし思い出にもなる。

旅行用スリッパ旅行用枕等の「定番トラベルグッズ」は、旅慣れぬ人の不安に付け込む商法だと思う。たとえば、旅で必要なのは室内専用のスリッパではなく、シャワーや外履きにも使えるサンダルだ。また、空気枕を持参するより、飛行機やホテルで追加枕を頼んだ方が、はるかに合理的だ。不要なものリストは別記した。

■トラベル用の多機能品は、一見便利そうだが、シンプルで普段使いの単機能品の方が、安いし合理的だ。私は世界中の現地時間を切替表示できる世界時計で大失敗したことがある。気づかぬうちにボタンを押したらしく、1時間違いの表示になっていたのに気付かず、飛行機に乗り遅れそうになったのだ。自分でネジを回して時差を調整するのは、大した手間ではないし、何より確実だ。アーミーナイフより、単品のナイフと缶切り・コルク抜きの方が、力を入れやすいし洗いやすい。チタン製先割れスプーンや折畳箸より、家庭で使うスプーンと箸と比べ、軽量化の意味はほとんどない。

百円の旅行用品や無印良品も、トラベルコーナーに置くだけで3-10倍以上の価格がつく。そもそも、日常生活や国内旅行で使う習慣のないものは、海外だからといって急に必要になったりはしないまた、日本のコンビニで売っているような洗面道具や替下着や日常雑貨は、海外でも簡単に手に入る。海外旅行グッズという特別な商品カテゴリーがあると思い込む方がおかしい。

■登山用品はたしかに高機能だが、旅や留学にはオーバースペックだ。市街地では登山のような極限状況にはないので、悪天候なら無理にホテルから出歩かないし、足りないものがあれば街中で現地調達もできる。したがって、ゴアテックス製の雨具・スタッフバッグ・パックカバー、機能性新素材の下着・シャツ・パンツ、チタン製の調理器具・食器、アーミーナイフ等は大げさすぎる。衣類ならば作業服屋をまず見るべきだ。最高級ブランドの「寅壱」や「関東鳶」でも登山服の数倍の費用対効果だ。なお、登山用品ブランドの中では、mont-bellは費用対効果に定評があり、持ち物リストでも何回か取り上げた(Online Outletもある)。最安値はGo Sports/Alpen系のSouth Fieldか。商品評価はナチュラムの「口コミ情報」が参考になる。

■他方、費用をかけるべきなのは、海外携帯・パソコン・カメラ等の精密機器や、海外旅行保険・予防注射、データバックアップ等の危機管理だ。また、バックパック、ゴアテックス製レインジャケット、ヘッドランプ、速乾性タオル、荷造り紐などは、定番の登山用品を勧める。海外でも販売されている定番商品は、eBayや米国amazon、香港Expansysなどでネットで取り寄せた方が安いことがある。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。