スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅・留学・出張の持ち物 - 3.精密機械

3.精密機器
3-1. パソコンケース 【パソコン&電源コード、セキュリティスロットパーツ&ワイヤー&ダイヤル錠、Skype用ヘッドフォンマイク】。
3-2. 携帯電話&充電コード、腕時計。
3-3. 百円メッシュ袋 【デジタルカメラ、MP3プレイヤー、電子辞書、SDカードx3&ケース、USBメモリ、目覚し時計】。
3-4. 百円メッシュ袋 【マルチ電源プラグ変換アダプター、電源タップ/Moenegallet、単3形Eneloop8本&Eneloop急速充電器&電池ケース、単3形リチウム電池Enegizer4本】・・・預け手荷物用。


1. 電源

海外で電子機器を利用する際の最大の問題は電源だ。

①デジカメ、オーディオプレイヤー、国内携帯電話、ドライヤー、アイロン、湯沸かし、照明、電子蚊取り線香等、すべての電子機器をリストアップし、電源プラグに海外100-240V対応と明記されているか事前に確認しなくてはいけない。一般に、パソコンや海外携帯、デジカメ、オーディオプレイヤーは海外電源対応済だが、ドライヤー等の家電は「海外旅行用」と明記されていなければ国内専用だ。パリの学生寮でインド人学生がパソコン電源コードから火事を起こし、大騒ぎになった。

②コンセントは各国ごとに違う。事前に渡航先のコンセントのタイプを調べ、電源プラグアダプターを持参する。渡航国が限定されているなら、個別アダプタの方が軽く安い。が、ゴーコンW2やサスコム等のマルチ電源プラグ変換アダプターならば、世界中で使える。また、安ホテルにコンセントの余裕はないため、3個口電源タップも欲しい。パソコン持参なら、MoenegalletをPC電源コードに差すと、電源タップと延長コードを兼ねられる。


③100-240V対応の家電のみを厳選するべきだが、コンパクトな「熱器具専用」変圧器もある。携帯電話やデジタルオーディオプレイヤーの充電には、PCのUSB充電や海外電源対応のUSB2出力ACアダプタを使うのは一策だ。

④私自身は、一眼レフ、コンパクトデジカメ、ヘッドライト、ラジオ、目覚まし等、ほぼすべてのモバイル機器のバッテリーを単3形Eneloopに統一している。専用バッテリー式のデジタルカメラは、機種ごとに複数の替バッテリーが必要なので、大量撮影には向かない。ただし、Eneloop充電器も、海外でも使えるのは「急速充電器」シリーズのみで、それ以外の充電器は国内専用だ。また、リチウム電池Enegizerは、アルカリ電池7本分に相当するのに重さは1/3のため、高価ではあるが緊急用の予備に最適だ。


⑤携帯電話・デジカメ等のバッテリーやその予備バッテリーを複数、同時に充電したいことがある。また、ドミトリーや図書館、銭湯等、盗難の危険性がある場所で緊急充電せざるをえないときもある。そういうときには中国製の汎用バッテリー充電器が便利だ。バッテリーだけなら盗まれにくく、盗難時にも被害額は最小限だ。ただし、充電時間が長いし、信頼も低い。

2. パソコン

・短期旅行ならパソコンは不要だ。運搬・盗難・落下に気を遣うし、LAN接続可能なホテルは高くつく。アジア諸国はもちろんアフリカのコンゴやマダガスカル等でも、必ずネットカフェがあり、日本語ページも閲覧でき、多くはSkypeやウェブカメラも使える。パソコン普及率が低い発展途上国の方が、むしろネットカフェ依存度が高い。日本語入力は、PCの言語設定で可能になることもあるが、ローマ字しか使えないこともある。
・留学・仕事ならパソコンが必要だろう。ホテル・学生寮の自室内でもセキュリティスロットパーツとチェーン、ダイヤル錠で施錠すべきだ(別記)。長期留学・滞在なら、Skypeテレビ電話のためヘッドフォンマイクやウェブカメラも必須だ。Meanegallet(メネガレット)は、PC電源コードを2個口電源タップ+延長コードにするので、旅先でなくても常時装着しておく。
・海外に持参するパソコンは、盗難・落下を前提に中古品か低価格品が望ましい。新規購入時は海外修理の条件を確認する。富士通、ソニー、パナソニック等、海外修理保証には事前登録が必要な場合もある。海外でも販売実績のあるメジャー機種なら、保証期間外でも海外現地で有料修理できることもある。PC、ノートパソコンの海外発送についても参照のこと。
・海外でのパソコン利用でもっとも重要なのはデータのバックアップだ。渡航前にはHDDやDVDにバックアップすべきだ。旅先のデジカメ画像も、定期的にDVDに焼くべきだ。途上国でもネットカフェや写真店なら、USBメモリやSD等からDVDの焼き付けができる。
オンラインストレージも検討価値がある。チュニジア帰国後にハードディスクが飛んだが、調査データ復旧には航空券代金と同額がかかった(痛恨!)。

3.携帯電話

・携帯電話は、緊急用にも日常的にも今や必須だ。公衆電話は、発展途上国では存在しないこともあり、先進国でも見つけるのが難しくなってきた。安ホテルでは部屋に電話がない。インドやカンボジアやアルジェリアでは、町角の「電話屋」で電話を借る習慣だ。マダガスカルやザンビアなどでは公衆電話が存在しない。なお、携帯の電話帳には必ず、緊急連絡先の電話番号を登録するべきだ。
・短期の旅行・出張なら、国際ローミング対応の携帯電話を持参するのが手軽だ。SIMロック携帯なので海外SIMは使えないが、日本と同じ電話機と携帯番号を海外でも使うことができる。電話をかけるのはもちろん受信するのにも高額な国際ローミング料がかかるが、通話時間が少なければ緊急用として許容範囲内だろう。
・他方、留学・長期滞在では、海外向けのSIMフリー携帯を購入し、プリペイド式のSIMカードを現地購入するのが一般的だ。SIMフリー携帯は世界統一規格のため、一度購入すれば世界中で繰り返し使える。短期の旅行・出張でも渡航・通話の頻度が多い場合は、SIMフリー携帯を買っておいた方が、SIMロック携帯で国際ローミング料を払い続けるより総費用が安いことがある。現地SIMは、購入するまで電話番号が分からないが、通話が現地料金になり、受信に追加料金がかからない。
・SIMフリー携帯は、Expansysや電脳買物隊などの香港のWEBショップならば、最新・新品のAndroidスマートフォンも格安で購入できる(1万円~)。Dual SIMならば、海外現地SIMとDocomo/Softbank SIMの2枚を入れて、同時待ち受けができる。Cherry Mobile D15やF10なら5千円前後だ。b-mobile/EMOBILE/SIMロック解除済Docomoなど、国産のSIMフリー携帯もある(2万円~)。日本の海外携帯ショップやヤフオクでも、安い中古・旧型品を買える(5千円~)。
・私はIDEOS/PocketWifiSを日本ではEMOBILE SIM、海外では現地SIMを差し換えて使っている。他に、NOKIA E61(ヤフオク購入、日本語化済)、NOKIA 3310(フランス購入)、Alcatel OT-E101(マダガスカル購入)、NOKIA 1650(スウェーデン購入)を友人間で緊急用に無料貸出中


4.デジタルカメラ

・カメラは盗難・紛失を前提に中古や安物で良い。その代り、写真データの保存にこそ、費用と手間をかけるべきだ。パソコンやUSBメモリ、オンラインストレージに毎晩バックアップするだけでなく、定期的に地元の写真屋やネットカフェでCDやDVDに焼いておくのが一番確実だ。一眼レフは重いが、偏光フィルターが使えるなら、車窓や展示物など、ガラス越しの撮影ができる。旅の写真術一眼レフK-xと海外調査文書撮影の技術は別記。

5. MP3プレイヤー/ICレコーダー/ラジオ

・海外でのモバイル機器は、iPhoneのような多機能機より低価格・単機能・中古の方が、盗難・故障に気を遣わないで済む。
・ICレコーダーは、外国語でインタビュー取材をするならば必須だ。許可を取ってから録音するのが礼儀だ。テープ起しには、okoshiyasu2やKeyPlayer等のフリーソフトがある。ベトナムでの取材で、ICレコーダーを持参せず手帳にメモしたところ、事後に行間の詳細が思い出せず、一生に一度の機会だったかもしれないのに後悔した。ラオスでは、電源を切り忘れて電池とメモリを無駄遣いした。
・留学ならば、中国製短波ラジオのELPA ER-21T/AudioComm RAD-S512N(2,480円@大型家電店・ホームセンター)を持参しても良い。高性能ラジオのDEGEN DE1103(送料込70ドル@eBay)ならばなお理想的で、国内外の短波放送を本格的に受信できる。日本のFMは76-90MHz、海外のFMは87.5-108MHzと周波数範囲が違うため、Walkman S等では海外FMを聴けないが、iPod nanoなどの76-108MHz対応なら国内外で使える。海外短波受信(BCL)の勧め中国製BCLラジオの定番定番ラジオDE1103レビューは別記。

6. 電子辞書

短期旅行ならば辞書は不要だ。『旅の指さし会話帳』等の方が実用的だ。電子辞書をわざわざ買うのは無駄だ。旅先で使う場面など見たことがない。旅のサバイバル語学VOCAL 40L(1)VOCAL 40L参照。
・他方、長期留学・滞在・駐在ならば、良い辞書は不可欠だ。とくに現地人と対等に外国語で作文したり、日本語訳をしたりするなら、外国語大辞典と百科事典で、正確な文例を参照する習慣が必須だ。収録語数は問題でない。中上級者には例文・熟語・慣用表現の量と質、初級者には文法解説(囲み記事や動詞活用表)が重要だ。
・たとえば仏語の場合、初級者には紙の入門用辞書の方が良いかもしれないが、中上級者にはCASIO Ex-wordを勧める。仏和大辞典・仏仏辞典・和仏中辞典とブリタニカ百科事典の分だけで、価格と重量の点でメリットが大きい。独西伊露中韓・タイ・フィリピンの会話集までも入っている。マイナー言語の場合、現地で英語ベースの電子辞書を探せば、安く高機能なものがあるかもしれない。各言語の最新機種情報は外国語広場HPが参考になる。


7. 目覚し時計
・目覚まし時計はアナログ単機能が良い。色々試したが結局、定番のCASIOのトラベルクロックが、軽く丈夫で間違いがない。操作が単純なので、たった1泊でも現地時間に合わせて、置時計にできる。多機能ワールドクロックでは、逆に操作ミスを誘発する。
・安宿には置時計がないことも多い。高級ホテルでも、タイやコンゴではモーニングコールを忘れられた。携帯電話やデジタル腕時計だけでは不十分。飛行機の乗り換えが多い場合、時計を機内持込みして、乗り換え時にアラームを設定しても良い。
・海外に持参する腕時計は、盗難・故障にあっても惜しくない安物が良い。アラーム付ならなお良いかもしれない。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。