スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AudioComm RAD-S800N (TECSUN PL380) 中国製BCLラジオ

震災対策と目覚ましに10年ぶりに新しいラジオを購入した。オーム電機のAudioComm RAD-S800N (TECSUN PL-380のOEM)だ。SONY ICF-M260(3-4千円)が廃番になったのには困ったが、アラームだけならアナログ短波ラジオELPA ER-21T(2-3千円)、携帯用ならFM/AMデジタル機のSONY ICF-M55(3-4千円)でも十分だった。しかし、DEGEN DE1103(約9千円)が絶賛されているのを知って、ダメ元の好奇心で中国製ラジオ(親称「中華ラジオ」)に目を向けた。通販では現物の吟味もできず送料もかかるが、RAD-S800Nをビックカメラが6,980円で店頭に並べ始めたため、手に取った上で購入に踏み切った。小さなボディに価格に見合わぬ機能を詰め込んだ、素晴らしいハイテク製品だと思う。気づかぬうちにBCL(Broadcast Listening/海外短波)ラジオも中国製品もこれほど技術進歩していたとは驚かされた。先入観を一変させられ、軽いカルチャーショックを受けた。※中国製BCLラジオの定番DEGEN DE1103+Apex Radio 303WA-2レビューBCLラジオのアンテナ海外短波受信(BCL)の勧めは別記。
1. RAD-S800N (PL-380)の長所

・最新のDSP(Digital Signal Processing)ラジオで、PL-380は2009年、RAD-S800Nは2010年の発売だ。そのためFMとAMは地元局を綺麗な音質で受信する。鉄筋マンションの室内でも、ロッドアンテナを立てずに済む。コミュニティFM(ワイヤーアンテナ使用)や「ロシアの声」のAM放送も拾った。
・とくにFMの音質と感度は素晴らしい。ロッドアンテナを立てない状態の感度は、特大ロッドアンテナで感度を稼ぐDE1103以上だと思う。付属のイヤホンを差すとステレオになり、素人の私にはiPod代りになる音質だ。76-108MHz対応なので、日本のFM(76-90MHz)はもちろん、海外旅行・留学に持参して現地のFM(64/87/87.5-108MHz)も受信できる。
・短波は、鉄筋マンション内ではラジオNikkeiのみだが、ワイヤーアンテナを室外に出せば、メジャーな日本語・英語の短波を20局受信できた。AM BWボタンでの帯域幅の微調整もノイズ減に効果がある。

・FM感度の実例。
①自宅・鉄筋マンションのユニットバスをドアで密閉すると、防滴ラジオANDO RA-172WRでは電波を遮断されてしまうが、RAD-S900Nは、浴室ドアとジップロック袋で二重に密封しても感度が衰えず、簡易風呂ラジオになった。
②同マンション内では、鉄筋壁や鉄扉で隔てられた廊下やエレベーター内を持ち運んでも、音が乱れなかった。
③実家・鉄筋住宅では、コンポSONY CMT-J100, 風呂用SONY ICF-S70SP/ICF-S75, 非常用SONY ICF-B200等でFMが雑音で聴きづらく、長らくAMしか聴く習慣がなかったが、RAD-S800Nで初めてFMをクリアに聴くことができた。


ETM(Easy Tuning Mode)や自動メモリー登録は非常に快適だ。受信可能な放送局を高速スキャンし、自動的に登録する。とくに短波は全バンドを一括スキャンする。後は、テレビチャンネルを変える感覚で、選局できる。今良く聴こえる局を何度でも自動登録し直せるので、液晶画面も見ずにザッピングできる。
・オートブラウズ受信は、受信可能な放送局をスキャンしながら、各放送局を5秒ずつ試聴させる。目当ての放送局で止めて手動で登録するが、自動登録より微弱な電波を拾える。ベストセラーのDE1103の場合、このオートブラウズ受信しかできず、自動メモリー登録は使えないため、液晶画面や周波数一覧を注視する必要がある。
・自動メモリー登録とETMは、ほぼ同じ操作だ。が、メモリ番号がつき手動修正もできる固定登録用と、番号なしに自動生成される仮登録用の2組のプリセットを作る。私の場合、聴く放送局が固定しているFMとAMは、自動メモリー登録でプリセットし、メモリ番号を微修正して固定した。他方、短波は、主要周波数のみ手動でプリセットしておき、残りはETMで、その時々で聴こえる全放送局を一括かつ自動で仮登録し、テレビ感覚でザッピングする。
・PLLシンセサイザは、周波数を数字でピタリと指定できる。音量、電波の強さ(信号強度dBμ)、ノイズの少なさ(S/N比dB)も数字表示される。
・バックライト付の時計とスヌーズ付のアラームは目覚しに最適だ。スリープも1-120分で設定でき、就寝時に限らず消し忘れ防止になる。

・高性能ラジオなのに携帯できるほど小さい。厚めの文庫本サイズで、電池抜きで200g。
・電源が単3電池3本であることは、あらゆるモバイル電源をEneloopに統一している私には重要だ。PL-380と異なり、充電池の充電はできないが、日本用ACアダプター(100V)も付属する。スリープタイマーの設定が、電源のON/OFF後も維持されるため、消し忘れを防ぐ(DE1103は、スリープタイマーの設定が1回限りのため、消し忘れると電池の消耗が早い)。
・日本仕様なので、日本語マニュアル、日本用ACアダプター(100V)がつき、ボタンも日本語表記だ。ビックカメラで購入したので、他の日本製品と同様に1年間の国内保証書(と安心感)がある。
・DEGEN DE1103の日本価格は送料込9千円、姉妹機TECSUN PL-600のOEM品(ANDO PL7-468SL)は2万円超だ。PL-380のeBay価格(送料込60ドル)には敵わないものの、ビックカメラで店頭購入できるRAD-S800N(6,980円)の費用対効果は抜群だ。ちなみに、TECSUNはヘッドホンE-805も作っており、日本価格は送料込5千円強、eBayなら送料込30ドルだ。

2. RAD-S800N (PL-380)の短所

・鉄筋の建物内では、短波の受信はラジオNikkeiのみだった。中波の遠距離受信も数局のみで、風呂用SONY ICF-S70/ICF-S75等と比べ、音質は良いが入局数は大差なかった。DE1103と比べ、FMの感度で勝り、短波・中波の感度に劣るという評は当たっていると思う。

・鉄筋マンション内で海外短波放送を受信するには少なくとも、付属のワイヤーアンテナをカーテンレールにつけたり、それを釣竿の先につけて窓の外から突き出したり、簡易ロングワイヤーアンテナ(0・9㎜x20mのカラーワイヤー)をベランダに張ったりする必要がある。RAD-S800N+ワイヤーアンテナが、特大ロッドアンテナを伸ばしたDE1103と同等の感度だという印象だ。海外短波放送のアンテナは別記。
・室外の簡易ロングワイヤーアンテナをつけると、東アジア・太平洋を中心としたメジャーな日本語・英語の短波を20局までは順調に受信できた。しかし、欧米と中南米・アフリカは難しく、それ以上は急に頭打ちになった。20局を多いと見るか少ないと考えるかは、リスナーのマニア度次第だ。さらに世界中の放送を探して回るのには、外部アンテナ端子がないことがネックになる。

・中波は、地元AM放送ならはっきり聴こえる。が、FMのような鉄壁の安定度ではなく、鉄筋マンション室内を持ち運ぶと、方向次第で音質が少し変化する。また、他県AM放送の遠距離受信は、DE1103では辛うじて5局聴こえたが、RAD-S800Nでは民間局を1局しか受信できなかった。もっとも、DE1103+303WA-2でも、AFN (American Airorces Network)の英語放送、海外局の中国語・韓国語・ロシア語放送、灯台放送(船舶気象通報)等は受信できていない。中波専用アンテナのミズホUZ-K1s/UZ-77sなら改善できるのかもしれないが、アンテナ以前に私の受信環境が悪すぎるのかもしれない。

アラームの放送局と音量は指定できず、最後にOFFにしたときの設定がそのまま再生される(DE1103なら、2つの放送局・音量を設定できる)。寝ながらラジオを聴いた場合、翌朝は大音量では鳴らないし、イヤホンをつけたままの場合、スピーカーから音が出ない。ラジオ放送ではなくアラーム音を選んだ場合のみ、イヤホンの有無によらずスピーカーから音が出る。設定ボタンと表示も癖がある。
・オリジナルのTACSUN PL-380と違い、温度計はなく、充電池の充電やパソコンからの電源補給もできない。
・FM・中波・短波の高感度やETM・PLLシンセサイザ等の高機能を考えると、6,980円という価格と200gの軽さは素晴らしいが、短波や高感度を必要としないなら、3千円以下や100g以下のFM/AMシンセラジオやアナログ短波ラジオもある。
・国内保証が不要なら、eBayでは送料込で、TECSUN PL-380が60ドル、DEGEN DE1103が70-80ドル、TECSUN PL-660が100ドル強だ。RAD-S800Nと同価格でPL-660やDE1103を買う方が良い。
・入門用ながらユニバーサルデザインではない。高齢者・初心者に安心して乗り換えさせるには以下の改善が必要だろう。

・「MW」を「AM」と表記する。
・「FM」「AM」ボタンを巨大化する。FM/AM/SWボタンを点灯するか、せめてバンドを液晶に大きく表示する。
・「VM」ボタンをなくし、電源をONにすると自動的にVMモードでプリセットした放送局が立ち上がるようにする。ETM/VFモードに切り替えた場合も、電源ボタンを軽く押したり、電源をOFFにすると解除されるようにする。
・放送局名をプリセットで入力できるようにするか、せめて地域ごとの周波数一覧シールを添付する。
・時刻とアラーム時刻、アラームON/OFFを大きく常時表示する。アラーム操作のボタンを大きくシンプルにする。


3. RAD-S800N (PL-380)レビュー: 結論

・RAD-S800Nは、とくにFMが高感度・高音質の最新機種(2009-2010年)だ。中波は地元AMを聴く分には音が良い。短波は鉄筋マンション室内ではラジオNikkeiのみだったが、室外ワイヤーアンテナをつければ海外短波も20局聴けた。また、自動メモリ登録とETMを使えば、全自動で放送局を高速スキャン・プリセットして、テレビ・チャンネルのようにザッピングできる。とくに短波は全バンドが一括スキャンされる。国内保証付(RAD-S800N)で6,980円、eBay(PL-380)で60ドルは、費用対効果が非常に高い。とくにFMと操作性・携帯性を重視する人に最適だ。

・しかし、これまで使っていたラジオでも高音質で受信できていて、これからも地元のFM・AMしか聴かないと決めている場合、半額以下の低価格ラジオで十分だろう。短波の海外放送やコミュニティFM等にどのような番組があるか、最低限の情熱や知識がないと、高性能ラジオは宝の持ち腐れかもしれない。

・逆に、建物内で海外の短波や全国の中波をRAD-S800Nで本格的に聴くには、外部アンテナが不可欠だ。他県のAM放送の遠距離受信には、UZ-77sのような外部アンテナを追加購入しても良いが、SONY ICF-EX5やREDSUN RP2100のような高感度ラジオを最初から選んだ方が早い。また、本機で海外短波の面白さに目覚めた場合、やや重めでも外部アンテナ端子を持つTECSUN PL-660(470g)やDEGEN DE1103(300g)等の方が、アンテナを増設しやすい。

・私自身はその後、RAD-S800Nを実家に譲った機会に、アフリカ局の受信を目指してDEGEN DE1103を購入した。故障時には国際郵送の面倒が生じるが、eBayでは送料込で75ドル(約6,300円)と、RAD-S800Nより安かった。しかも、ロッドアンテナだけで室外アンテナに迫る感度であるのには驚いた。しかし、DE1103では、目当ての周波数を打ち込んだり、未知の微小な電波を探したり、周波数一覧や液晶と睨めっこする「無線受信」型だ。他方、RAD-S800N(やTECSUN PL-660)は、何も見ずにフリーハンドで、今聴ける局をザッピングする「テレビ感覚」だ。PL-660(470g)やDE1103(300g)と比べ、RAD-S800N=PL-380(200g)は、軽く小さく持ち運びしやすい。スタイルが違うと思う。

テーマ : BCL
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

冷静に読んで

このすべてを信じてはいけません

Re: 冷静に読んで

利用歴、受信環境、長短所を明記しましたが、誤解等があればどうぞ指摘して下さい。

ラジオでアラーム

初めまして。
最近RAD-S800Nを買った者です。

>アラームの放送局と音量は指定できず、最後にOFFにしたときの設定がそのまま再生される

と書かれていますが、私が買った機体では、FM以外のバンドの局でOFFにしたときはそれさえもされず、強制的にFM局(その中で最後に再生された局)が再生されます。

アラーム設定うまくいきません

前の方の同じです。オームに問い合わせしたところ、電源オフ時のチューニングがそのままアラーム設定になるとの説明でしたが、AMでオフにしてもFMでアラームが入ります(それもまったく関係ないところで)

不具合について

他の方のレビューに電源が消えても サー と聞こえるとありますがどうなんですか?他にも不具合があったら教えてください。購入検討中です

Re: 不具合について

技術情報は日進月歩ですので、どうぞ他の方の最新情報を優先的に参照して下さい。

> 他の方のレビューに電源が消えても サー と聞こえるとありますがどうなんですか?他にも不具合があったら教えてください。購入検討中です
プロフィール

terry75014

Author:terry75014
仏米英生活10余年、海外大学院卒。海外渡航・留学助言は各数10ヶ国。ここでは一個人の立場で独断と偏見を書きます。テリーと呼んで下さい。

カテゴリ
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
Since June 2009
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。